チョーキングとは?

query_builder 2024/05/28
コラム
16

自宅やビルなどの建物を触ると、手に白い粉が付いたという経験がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。
その現象は「チョーキング」と呼ばれ、建物の塗装劣化を知らせるサインの1つです。
今回の記事では、チョーキングについて解説いたします。


▼チョーキングとは
雨や紫外線などの影響により塗料が劣化し、チョークのような粉が出てくる現象のことをチョーキングと呼びます。
「チョーキング現象」「白亜化」とも呼ばれ、完全に防ぐ方法はありません。
そのため、美観や建物の耐久性を守れるよう、定期的なメンテナンスを行うことが重要です。


▼チョーキングの確認方法
■手で触ると白い粉が付く
外壁を手で触り、白いチョークのような粉が付いたら、それがチョーキングであると判断できます。
少しであればメンテナンスを検討する程度で問題ありませんが、粉が舞ったり崩れるように付く場合は、すぐに塗装が必要です。
■濡れた時に変色する
外壁に水がかかった際に変色する場合も、チョーキング現象が起きている可能性が高いです。
放置し続けると雨水が家の中に侵入し、建物全体を傷めてしまうので早めに対策を行いましょう。


▼まとめ
チョーキングとは雨や紫外線などの自然現象により塗料が劣化し、チョークのような粉が出てくる現象のことです。
外壁を手で触ると白い粉が付いたり、濡れた時に変色したりする場合は、早めに対処しましょう。
千葉で外壁塗装をお考えの方は、完全自社施工の『株式会社Marumi』にお任せください。
千葉市を中心に、幅広いエリアまで迅速に対応いたします。

記事検索

NEW

  • 八街市屋根外壁塗装工事完工致しました!

    query_builder 2024/06/03
  • 外壁塗装についてのご相談の方へ

    query_builder 2024/03/27
  • ベランダの雨漏りを放置するとどうなる?

    query_builder 2024/06/08
  • ベランダが雨漏りする原因について

    query_builder 2024/06/01
  • チョーキングとは?

    query_builder 2024/05/28

CATEGORY

ARCHIVE