ベランダの雨漏りを放置するとどうなる?

query_builder 2024/06/08
コラム
18

「まだ酷くないから大丈夫」と、ベランダの雨漏りを後回しにしていませんか。
建物は徐々に劣化していくため、雨漏りに気付いたタイミングでメンテナンスを行うことが大切です。
今回の記事では、ベランダの雨漏りを放置するとどうなるのかを解説いたします。


▼ベランダの雨漏りを放置するとどうなる?
■害虫が発生する
ベランダが雨漏りをすると、湿気によりシロアリや害虫が発生しやすくなります。
特にシロアリは木材だけでなく断熱材や電線をかじり、さらに駆除代も高額となってしうまうため放置しないことが大切です。
■カビが発生する
雨漏りによる湿気により、カビも発生しやすくなります。
カビは咳・頭痛・アレルギーなど人体に悪影響を与えるので、雨漏りは放置せずにメンテナンスを行うと安心です。
■電気系統の故障
雨漏りでコードやブレーカーが濡れることで、漏電する可能性があり大変危険です。
家電の破損だけでなく火災の原因となる場合があるので、ベランダの雨漏りが発生したらすぐに対処しましょう。


▼まとめ
ベランダの雨漏りを放置すると、害虫やカビの発生や電気系統の故障につながる恐れがあります。
雨漏りを発見した場合は、プロに相談したり早急にメンテナンスを依頼しましょう。
千葉で外壁塗装や屋根塗装のご相談なら、経験豊富な職人が在籍している『株式会社Marumi』にお任せください。
後回しにしてしまいがちなベランダの雨漏りや、外壁・屋根のお困りごとを解決いたします。

記事検索

NEW

  • 八街市屋根外壁塗装工事完工致しました!

    query_builder 2024/06/03
  • 外壁塗装についてのご相談の方へ

    query_builder 2024/03/27
  • 雨漏りしやすい場所とは?

    query_builder 2024/07/15
  • 雨漏りのサインとは?

    query_builder 2024/07/08
  • 雨樋の問題を放置することによって生じる影響とは?

    query_builder 2024/07/01

CATEGORY

ARCHIVE